あいこ.kの言いたい放題

どんな内容があろうと引くんじゃねーぞ!!

バンクーバーの事件から思うこと。

こんにちは。あいこ.kだよん

巷ではバンクーバーでの事件が持ちきりで少しだけ留学していた私にとってもかなりショッキングだ。

もう8年くらい前の話ではあるけど留学はバカな目的だった。

英語力を身につけるためが一番の目標でもあったが意地のようなものもあった。

その頃、友達はみんな決まり事かの様に卒業旅行の計画をたてていた。唯一仲が良かった部活の友達でさえも私には見向きもせず同じ学科の子5人くらいで温泉旅行に行くらしい。

研究室の子だって、授業を一緒に受けてる友達だって「それとこれは別!」って顔してる。あえてそんな話さえしてくれない笑

私はリア充どころかキョロ充並の大学生活でさえ送れてなかった。

大学生活最後の夏だって部活でレギュラーになんてなれないよ。

だって幽霊部員だもん。たまーに顔出しにいく程度。よく除名されなかった。今でも道場には私の名前が書かれた木札が置いてあるけど笑

 

最後の夏なのに毎日汗かいてけなげに練習なんてしたくない。時間の無駄って思った。

 

それで考えた。留学しようって。

狭い世界にいるからダメなんだって思ってさ。

レオナルドダ・ビンチの言葉にもあった気がする。行き詰まったら遠くに行ってみろ的な言葉が。

ただの言い訳かな。

 

みんながガヤガヤ団子になって旅行してる間に海外かぶれして帰ってきてやろう。私はテメーとはレベルがちげーんだよ!って考えたら、やたらエネルギーが湧いてきた。

その時に決めた目標があった。

①英会話を今よりはできるようにする

②外国人の友達を作る

③あわよくば男を作る

ここが女のダメな部分だが、たいてい、男ができりゃ英語力も上がるだろ。そんなことを考えていると思う。そうすりゃ仕事もゲットできるじゃないか。

一石二鳥。ってね。

留学女の頭の中には1%くらいはあわよくば海外の男と…という考えが絶対あると思うんだ。

不謹慎な言い方で申し訳ないけどね。

だから日本人女がよく殺害されてる。

 

私はそんなリスクなんて考えもせずに目標をかかげてバンクーバーに行った。

最初の3日間は後悔ばかりだった。ホームステイ先の家はオカンしかいない。しかもそのオカンは全然親日的ではなかった。

私の話す英語を全く理解していない。

いや、理解する気さえもないのだと思う。

悔しかった。

だから今でも日本に来てる旅行者には全員に日本語でしか話さない。笑

性格悪いね。仕返しだよ。へへっ

 

一週間も過ぎればだいたいそこの環境に慣れてくる。

英語もわからないなりに聞き取れてくる。

でも毎日全然親日じゃないオカンと無言の朝飯、夜飯を食べるのはダルすぎる。

だからオカンと食事するのを放棄した。

今日からは毎日外食にするから朝飯も夜飯もいらないと断った。

外食はもちろん一人さ。

日本人とつるんでたら絶対に上達もしないし男もできないって思った笑

だから一人で行動した。

これが本当に本当にダメな事例だと思う。

一つ間違えたら命はない。

でも私は実行してしまった。

まず一人でプールに遊びに行ってかたっぱしからいろんな人間に話しかけた。男には大抵通じるよ。下心の塊だからね。

白人女性なんて全く相手にしてくれない。

だから話さない。

そんな下心の塊のお陰でサウジアラビアのイケメンと何度かデートした。

でも彼とはお付き合いできなかった。

しかもキッスさえもしてない。笑

あなたは良い友達だよって言われた。

残念。

でも普通の人で良かった。

 

で、次はスタバやレストランに毎日行った。全く英語が通じないんだよ。本当に。

自分自身が情けなく感じた。

でも諦めずに一回で注文が通じるまで毎朝スタバに行ったよ笑

 中国系方や、台湾の老人、あとは南米系の方が助けてくれた。みんな良い人だった。

 

②に続く