あいこ.kの言いたい放題

どんな内容があろうと引くんじゃねーぞ!!

お一人様を生きる

めちゃくちゃ久しぶり。

あいこ.kだよん。生きてます。めちゃめちゃピンピンしてますとも。

 

でもね。

たまには弱音を吐きたくなることもあるんだ。

突然絵を描いたり、紙粘土で何かをづくりたい…そんな気分になる時がある。

でも家にそんな材料無いし、粘土で置き物を作るにしても仕事にいかなきゃならない。

3~4時間ボーッとできる時間があればな…

 

このモヤモヤした気持ちは文章にするしかないか。そんな思いで久しぶりにブログを書いてみようと思った。

女ってのは月に一回、嫌でも来るものがある。その到来と共に張りつめていたものが切れるのか、不意に感傷にひたるというのだろうか…夏の終わりのように物悲しくなる、そんな感覚に襲われてしまう。

年を取り、自分の体力にも限界を覚えた頃からどうやらその感覚はやってくるらしい。

私の心の中を土足で踏み散らかして、竜巻でも起こったかの様に心の中をめちゃくちゃにし、何も無かったかのようにスッーと過ぎていく。

医学的に見たら実に簡単な話でそれはただの生理って訳なのだが、人間の心理と云うものは思ったよりも複雑だ。

例えば子供の頃に家族でよくいったご飯屋さんに立ち寄ってみる。母親が作ってくれた○○ちゃん1才。とかが書いてある古いアルバムを見てみる。

普段ならただ懐かしく思うだけの出来事でさえも、なぜか物悲しく思い出され時には涙することさえある。

 

そして自分の生きた人生を後悔する。

「こんなはずじゃなかった」と。

若い頃は全くなかったのにね。

これが更年期障害の始まりとでも云うのだろうか……と私は少し不安になる。

しかし人生は長い。半分にも達していないことに気付きうんざりする。

こうして体の不調と共にこれからもまだまだ生き続けるのだ。

いや、生き続ければならない運命にある。

 

若くて楽しい時期なんて長い人生の中のほんの僅かにすぎない。

「一人で生きていける」

なんて言えるのもほんの10年か……

 

今になってわかってきた気がする。

やっぱり無理。

 

こんな弱い感情と戦う自分に、今は耐えるしかない。

こんなもの一瞬の通り雨だと、自分に言い聞かせるしかないのだ。

 

でもその時の自分の姿は本来の自分なのかもしれない。

 

お一人様の皆様、どうか強がらないで。

 

 

私は絶対アレをしない!!

久しぶり!あいこ.kだよ!

 

ご存知の通りプライベートでいろいろあったからさ…
全然書けなかったんだ。

体調はいまひとつかな。
でも前ほどつまらない男と飯にいくこともなくなったしお腹の不調は減った気がする。


意外とね。
しがみついていたモノを捨てて目に見えないようにしておくと気持ちが楽になるってことを知った。
てかすんげー楽。

 

今までは1円でも多くお金が欲しかった。お店が暇だから1人でも逃したくなかったのが正直な気持ちだった。
そうしないと家賃さえも払えなくなるからさ…
OL時代よりもお金が稼ぎたくてこっちの世界に戻ってきたけどさ。
小汚ないハゲのおっさん触っても(清潔なら大歓迎だけどね)貰える給料がOLよりも少ないって切ないよね。
それならパートの婆や本部社員との間の板挟みでしんどいしんどい言いながらも給料や待遇が安定している某○○○ホールディングスで働いていたらよかったよ笑
そしたら今頃マンション買えてたかもね……

 

って!それは違う笑
自分で決めたことなんだ。
私はどこでも生きていけるだろう。って自信だけはある。
もちろん今でもね。
だから失敗するなんて思ってないよ(ドクターXかよ)
どうなろうと何かしら受け皿はあるはず。失敗することを心配してたら行動できない。

私の師匠が言ってた。
(最近師匠変わったんだ)
失敗したらどうしようと不安になったり心配することは時間の無駄だと。
それなら対策を考えろ。
そもそも失敗を前提で起業する奴は一年で失敗する。自信がないやつは一生雇われ社員やっとけゃいい。ってさ。

だからあと一年は移籍先で頑張ろうかと思う。
ただね…やっぱりアレをしないと稼げないのか…
って不安が頭をよぎる。
確かに売れてる奴はほとんどアレをしてる。
ただ、アレをするくらいならもっと短期間で稼げる方法を私は知ってる。
だから私は割に合わないからしないんだ。
アレを要求するお客様を排除して、それでも着いてきてくれるお客様を大切にしてる。
客!客!あいつが~ってみんな言うけど、それは心から感謝してないから言える言葉だよ。

私はしないよ。私自身が、そして業界事態がグレーなことはわかってるけど。

でもそのグレーとブラックは雲泥の差じゃない?金を稼ぐ奴はみんなグレーなことやってるよね?

刑務所の塀の中にいる奴はバカ。

刑務所の外にいる奴は平凡。

刑務所の塀の上を歩く奴が一番賢い。

そんなことも師匠は言ってたな。おもろい師匠だよ笑
ただただ健全で誰でもできることにプラスアルファしてるだけだ。だから高いお金を払って着いてきてくれるお客様のことは本心から感謝してる。
そしてブライベートもどんどん踏み込んでいく。
それが嫌いな人間は離れていくし、心地よく感じる人間は友達以上恋人未満って感じの関係になる。ただ、それ以上を求めてきたり、お互いのメリットがなくなればサヨナラだ。
スタイルは人それぞれだから、自分が正しいなんて言えない。
私のやり方が嫌いな人間だってたくさんいるよ。前の職場の人間とかね笑

 

昨日もある方からあの手この手でアレをするように誘導された。
『私は何年もこの業界にいますが今までしたことは一度も無い。今までそれで飯を食べてこれたからこのスタイルを崩すつもりはない』
ちょっと格好良くね??笑

って思ってこんなブログを書いた私だ。

アレとは一体なんなのか。
もう見当はつくと思うがご想像にお任せすることにするよ。

では今日はこの辺りで。

あいこ.k

 

 

 

 

 

 

 

 

神対応

ここだけの話だ。

あいこ.kだよ。

インスタグラムにアップするのは気が引ける。世界に繋がってるから…

私のブログなんて誰も見ちゃいないからそっと自慢したいんだ。。させてくれ…

言いたいんだよ。

○○○さんの神対応っぷりを誰かに伝えたい…

11月5日大阪府立体育館の試合の前の日。

某ジムで筋トレしてたらさ。

いたんだよ。

プロレスラーが!!!!!!

筋トレなんてしてる場合ではなかった。ずっとプロレスラー約2名を目で追ってた。

トレーニングは仕事だからさ…

話かけるのことは絶対だめだよね。

我慢して我慢して。諦めて帰ることにした。

シャワー浴びて化粧して仕事行く準備して、ショボン…としながら帰ろうとしたんだ。

そしたら同じエレベーターに乗ってたんだ。

扉が開いてから

『握手だけでも…』

と話しかけたら、力いっぱい握してくれてね。

『写真撮る?』

てニコニコしながら聞いてくれた。


f:id:aikoo5928:20161106155954j:image


 

迷惑かかるとダメなんでとりあえず隠しておこう笑

 

こんなに気さくに話してくれる方だとは思わなかった。

大阪の街を一人笑いながら歩く私。

 

ありがとう

ありがとう

ありがとう

 

愛してまーす!!!

ってこれは違うか笑

イエスタディワンスモアを歌おう

こんにちは。あいこ.kだよ。

 

小学4年生の頃にね。学年みんなでイエスタディワンスモアをリコーダーで演奏したことがあった。

なぜ選曲がイエスタディワンスモアなのかは知らない。 ガキの頃はカーペンターズとか知らなかったからさ。

でも当時『6年生を送る会』で卒業生にイエスタディワンスモアをプレゼントしようって先生が言ったのが事の始まり。

先生の思い入れが強かったんだろうな。

半年?いや。一年ちかく練習してた気がする。

みんな知らない歌なのに一生懸命練習してたんだ。

意外と素直だよね笑

あの頃もモンペとかさ、いじめとかあったんだよ。でもみんなグズグズ言いながら練習してたんだよな…

本番は大成功して先生が泣いてた。

でね。そんなイエスタディワンスモアを忘れ去って自分達が卒業する時にね。

卒業生退場の時になんでか知らないけど下級生がイエスタディワンスモア演奏しててさ。

私は思わず感動して泣いてしまったって云うオチも糞もない話なんだ。

 

この前何気にラジオ聞いてたら急に流れてきたんだよ。

イエスタディワンスモアが。

なんだかな…

 

小学生の頃じゃないんだけど、学生時代とか、社会人になりたての頃とかさ。急に思い出してしまったんだな…

どうやら私は色んな人を傷付けてきたらしい。

自分のまわりからどんどん人がいなくなっていった事もわかってるよ。

 

でも思った。

一番私が傷つけてきたのは親なんじゃないかって。それでも離れていかないのは親しかいないんだよな。

考えてみたんだ。家を出てからもう12年?くらい経ってるんだけどさ。

とりあえず後25年親が生きてるとして年に10回帰省したとしても250回。

会える日は一年間にも満たないんだね。

イエスタディワンスモアを一生懸命吹いていた頃なんて、親と暮らすのは当たり前でそんな日が永遠に存在するって思ってた。

そして高校生になれば会いたくもなくなるんだ。

そんな家族がウザくなり気がつけば家を出て、家族の大切さをやっと理解できた時にはもうその大切な時間が終わろうとしている…

 

あの頃の同級生は今イエスタディワンスモアを聴いて何を思うのだろうか…

もう死んじゃった子もいるんだよな。

 

人生ってそんなもんか。

 

とりあえず…親孝行するか。

 

 

イエスタデイ・ワンス・モア

イエスタデイ・ワンス・モア

 

 

 

ベンツと軽自動車②

こんにちは。あいこ.kだよ。

 

自分と同じ人間に腹が立つとよく言うが、私も同じ部類の人間だから貧乏人の悪いとこばかり目がいくんだ。

だから金持ちの話をしようか。

 

ある程度の金持ちはさ。

全員と言って良い程小綺麗にしてるんだ。当たり前なんだけどね。

(当たり前の身だしなみもできない奴が多いんだよこの世の中は)

靴、財布、鞄、髪型、体臭、見た目どれをとっても綺麗なんだ。

特に財布だよね。

長財布の中に綺麗に揃ったお札。レシート類やポイントカード等がパンパンに溜まっている金持ちなんて見たことない。

私も真似してる。

金もないのに長財布に札の向き全部同じにして諭吉様の部屋、一葉様の部屋、野口さんの部屋そして小銭君達はジャラジャラ違う入れ物にいれて持つようにしてるんだ。

こんな財布買ったりしてね。


f:id:aikoo5928:20161028162925j:image

形から金持ちの真似をしようって訳だ笑

貧乏人のあがきだよ。笑ってくれ。

 

この本まじおすすめ↓

 

神様があなたのそばにやってくる すごい「お清め」

神様があなたのそばにやってくる すごい「お清め」

 

 

ちょっと胡散臭いけどね。ただ真似できることは真似しようよ。そこの貧乏人さん。

 

あと金持ちは自分の時間をすんげー大切にしてる。

女遊びにしても趣味にしてもね。

朝から夜まで仕事ばっかで目にくまを作って口癖は「時間がない・忙しい・疲れた」と言ってる人間は見たことないんだ。

棚橋がよく「疲れない」と言ってるよね?

理にかなってると思うよ。

金持ちの書いた本やプロのスポーツ選手がよく書いてる自己啓発本ってあるじゃない。

私はあーいう類いの本が嫌いだった。

だけどまわりにいる金持ちと本を読み比べたらほとんど皆同じ事してる。

本を読んで実行、ではなく成功者は自ずとそうしちゃうんだね。

全く貧乏人とはスケールが違う。

 

金持ちにおごられる飯は桁が一つ違うんだ。

貧乏人は1500円~3000円のディナー。

金持ちは10000円から30000円。

私はさ。昔から腹がまじで弱くて飯が嫌いなんだ。

だけどそんな良いとこ連れていってくれるなら心も動くよ。こんなすごい所ならこの人の為に時間作っても いいかな~てさ。

やっぱ出したら出し分だけ返ってくるんだ。

よーく覚えておきたまえ。

 

一番やめてほしいのは、誘った方の男が「どこでもいいよ~でも高いところはやめてね」

この一言だ。殺したくなるよね笑

この話はまた後日詳しく書くことにする。

 

結局見た目が残念じゃなければ言動もそれに伴ってついてくるってことだね。

 

「おい、セックスさせろよ~」

と、言われるとしよう。

小綺麗にしてる金持ちの男と、見るからに貧乏そうな男。

金持ちに言われたら、そんなに嫌な気分にはならないのが女の心理だ。

 

最後につい最近のエピソードを話そう。

 

半年前に軽自動車に乗るある男に一緒に東京へ旅行に行こうと言われた笑

それってやることはもう決まってる。子供じゃないんだ。わかってるよ。

軽自動車男はたまに飯に誘ってくるんだけどさ。それがスシロー、かごの屋→大手外食チェーンだよ?笑

で、終いには阪急そばが旨いとか自慢げに話すんだ。

セックスするためのエサがそれなんだ笑

ナメられたもんだよね。

 

それに対して2000万くらいするベンツに乗ってる某会社の社長がいる。

またそのベンツの似合うこと。ベンツが社長を100倍増しに良い男に見せるんだ。

その社長は私とセックスしたくてウズウズ現在進行形。

デートに行ったのは一回だけだが豪快だった。

私が申し訳ないと思うくらいだしね笑

それに今でも私の猛烈な営業のせいか指名してくれてる。

要は太客だ。

二人ともセックスしたくて仕方ないけど私が抱かれたいと思う男は、もう言わなくてもわかるよね笑

  

最初に上質なものとはなんだろうかと疑問を投げかけた。

上質とは、その人の考えや行動次第でいくらでも自分に引き寄せられるものなんだ。

私はそう信じたい。

 

そして軽自動車ではなくまずはベンツが似合うような自分自身の土台作りから始めること。

それが大切だと思う。

私もいつかではなく、来年にはそんな人間になりたい。

 

おわり

 

ベンツと軽自動車①

こんにちは。あいこ.kだよ~ん。

 

ベンツと軽自動車。

両者を否定する気も肯定する気もない。ただベンツに憧れがあるかと言われれ、無いと言えば嘘になる。

私の正直な気持ちだ。

 

上質な人間、上質な接客、上質な食事。

よく目にする言葉だが一体何が上質なんだろうか。

 私は決して上質な人間ではない。どちらかというと下劣な部類だと思う。

自分自身がそうだから言っちゃ悪いがまわりによってくる人間も口説き散らしてくる相手も下品な人間ばっかなんだ。もちろん例外もいるよ。

成り上がりの金持ちから物珍しい目で見られ気に入られることもたまにはあるんだよ。こんな私でも。なんでだろね。磨けば光るとでも思ってんのかな?笑

 

私は上質なものが似合わないんだ。

セルシオを運転させてもらってもただのヤンキーに見られ、ブランド品をみにつけても持っているより持たれている感じになる。スーツを着ると爆笑されブラウスやシャツなどのエリのあるものを着ると探検家と比喩される。

革をビニールと間違えられ、10000円のトップスを1000円と言われる。

私が一番自分らしく見える服装ってなんだと思う?

トレーニングウェアかプロレスのTシャツ、もしくは阪神のユニフォーム笑

一番似合うと口を揃えて皆が言うんだ。

 

百貨店には上質な商品がおかれている。

そしてなんとも上か目線のお姉さん達に万引きしないか後ろから追いかけられゆっくり買い物できない。

それが上質な商品を扱うお店の態度か?と私はいつも嫌な気分になる。

やはり私は誰からも接客もされない放置プレイスタイルなお店に行ってしまうんだ。ドンキとかイオンとかね笑

辺りを見まわしても私と変わらない人間がいて、むしろ私の方が美人だとか良いものもってるんじゃねーかとか、心の奥底で他の奴と比べるんだ。

いやいや。結局は貧乏人の集まりなんだけど笑

それは紛れもない事実なんだ。

 

さっきも言ったけど下品な貧乏人に気に入られる程、死にたくなるんだ。

下品な貧乏人の特徴は

・軽自動車に誇りを持っている

・見た目のへ気の使い方のベクトルがヅレて いる

 ・基本的に歯が汚い

・旨いものとは大概がチェーン店

・飯をおごればセックスできると思い込んで いる

・金がない時間がないを全力でアピール

これはたとえ20才でも55才でもみんながそうなんだ。貧乏人って奴は。

好きな女、やりたいと思ってる女の前でもケチることに全力をつくす。

だからモテないんだよ。だからバカにされるんだ。

年をとればとるほど、それを指摘してくれる人もいなくなる→同じ価値観の人間で集まる→貧乏人モテない集団の出来上がりってわけだ。

実におもしろい。

 

 ②に続く

 

久々に嬉しいお知らせ

あいこ.kだよ。

久々に嬉しい話があるの。

昨日、まぁ所謂移籍の話をしたんだ。

正式にね。

店長には前々から言ってたんだけど、日にちとかどこに移籍するとかそんな話はしてなかったんだ。

移籍先と話をしてまとまり次第話したくてさ。

移籍するんだからもちろん掛け持ちはよくないし移籍先からもさっぱりした状態で来いと言われた。

だからもう11月中旬で正式に辞めさせてもらうことにした。退団って訳だ。

立つ鳥跡を濁さずと云う言葉通りに濁したくなかったが、まぁ話が急だからさ。

そりゃ濁すよね。

申し訳ない。

特に店長には良くしてもらったし私にとっては親友みたいな存在だった。お互い色々思うことはあったかもしれないけどね。

それでも離れたくない。

だけど離れなきゃお互いこのまま成長できないんじゃないかって思った。

それも言った。本人も同じこと思ってた。

寂しくはなるけどそれぞれ一人で頑張っていかないとだめだよね…もういい大人なんだから笑

そんな話してらね。ある二人のお客様がご来店したんだ。

最初にご来店したお客様をAとしよう。次にご来店したお客様をBとする。

まずAに移籍の話をした。

Aは自称私のファンらしく勝手にプライベートのインスタをフォローしてきたくらいなのに移籍話をしても「ふ~ん」て感じでそれ以上興味を示さない。興味を示さない人間は申し訳ないが私にとってはもう必要の無い存在。

「お元気で」と笑いながら言われた。

Aとは 永遠のお別れが確定\(^^)/

で、次Bがご来店。

もう2年近く指名を頂いてるお客様。

神経質そうで仕事には厳しそうな長身細マッチョな方だ。私はすごい好きなタイプ。

すごい静かだけどたまーにこそこそ話して私生活とか私の発言に笑いのツボがあるらしく爆笑する。

彼が笑ってくれると嬉しい。心の底からね。

Bにも移籍の話をした。

「大阪なら職場やからいくよ。これからもよろしく。とりあえず帰りに連絡先だけ教えて。」

Bは即座にそう言った。

嘘でもいい、下心があっても構わない、ただそう言ってくれるだけで嬉しいんだよ。

最後は「ありがとう!」 と右手を出してきた。いつもは全然笑ってくれないのに今日はニコニコしてる。

嬉しすぎて私は飛びはねながら握手したよ笑

でね。

AとBが終わってからスマホをチラりと見た。そしたら2件メッセージがあった。

一つはインスタのダイレクトメッセージに。もう一つはショートメールだ。 

 

それぞれの内容は

インスタ→ラインしたいな!

ショートメール→◯◯です。これからもよろしく。 

もう言わなくてもお分かりだろう。

前者はA。後者はB。

なぜ永遠の別れが確定した人間とラインをしなければならないの?

そこには全く生産性は無い。Aはラインできて青春時代を取り戻せるとしても、私は何のメリットがあるの?

私に着いてきてくれるならこちらもメリットはあるから話は別。仮に来なくても嘘でもいいから絶対行くとでも言えば教えてもらえたかもね。

下手なんだよ笑

Aの様な人を何と呼ぶと思う?

時間泥棒って言うんだよ。

 

私は遠慮なく断らせてもらった。

ちゃんと感謝の気持ちは伝えた。一応2~3

回は来てくれたお客様なんだからありがたく思わないと。

でも、彼は断られる=関係を続けたくない

だと云うことを理解しているのだろうか。

たぶん理解してないから無神経にラインしたいなんて言うんだろうね。

私は寂しい人の相手をするボランティアじゃないよ??笑

 

Bには即座に返事した。

一応いつまでいるとか、辞めた後のこととか。でも全く返事が来ないんだよ。

それくらいでいい。さっぱりしててさ。

それで移籍先に来てくれたら私はもっと彼のことが好きになる。

AとBはモテ男と非モテ男の違いを象徴してるよね。

◯素直になりすぎない

◯ついて良い嘘もある

◯引きずらない

◯ギブアンドテイク

これを忘れちゃいけないよ。

一般の方々はBの対応はいたって普通だと思うだろう。でも違うんだ。

普通の対応ができない奴だから女に構ってもらうにも金払うんだよ。

少なくとも私の指名のお客様はクセは強いがそこまでの非モテ男ばかりではない。それだけが唯一の救いだ。 

 

ブスとデブは見てるだけで体に毒だから笑

 

あー!でも嬉しかったな~。

これから辞める日まで毎日お客様に伝えることになるからお客様の反応が楽しみ。

Bみたいなお客様がいっぱいになればいいな~と切に願う私。

 

男性の方!!もし同じようなシチュエーションがあれば参考にしてみてね。

 

では今日はここまで。